高橋智隆
出典: robo-garage.com

ロボット研究者。男の子なら誰しも1度くらいは夢見る職業ではないでしょうか?

そんな夢を叶え組み立てられるロボット「ロビシリーズ」や、人類初のロボット宇宙飛行士「キロボ」など数々の有名なロボットを生み出した方がロボットクリエーター 高橋智隆さんです。

今回は高橋智隆さんがどのような方なのかを調べてみました。

高橋智隆さんの現在の肩書

まずは現在の肩書を調べてみました。

  • 株式会社ロボ・ガレージ代表取締役社長
  • 東京大学先端科学技術研究センター特任准教授
  • 大阪電気通信大学総合情報学部メディアコンピュータシステム学科客員教授
  • 福山大学工学部電子ロボット科客員教授
  • ヒューマンキッズサイエンスロボット教室アドバイザー
  • ロボット専門店ロボベース顧問
  • グローブライド株式会社社外取締役。

凄い肩書ですね。やはり優秀な方なのでひっぱりだこということなのでしょう。

自分で会社を行う傍ら大学の准教授やロボット教室のアドバイザーも務め、ロボット工学の普及にも尽力されているようですね。

非常にユニークな今までの経歴

やっぱり気になるのは経歴ですね。

学生時代

これだけの技術を持っている方なので小さいころからプログラミングばかりして…と思ったら全然そんなことはありませんでした。

大学自体は文系だったようです。

しかし、ロボット作りの夢が忘れられず就職前直前に内定を蹴って勉強しなおし、なんと京大工学部に入学、学生時代に2足歩行ロボットを開発したそうです。

その情熱は凄いですが、中々の親泣かせですね(笑)

なんでもお父さんは大学病院の内科医だったそうなので、経済的な面ではかなり優遇されていたのではないでしょうか?

小さな頃にはその父親からレゴを与えられてずっと遊んでいたそうで、それがロボットに興味を持つきっかけになったようです。

卒業後

2003年の卒業後には早々に今の肩書でもある、ロボガレージを創業したようです。

ロボガレージは京大の学内入居ベンチャー第1号ということで、学内ベンチャーの先駆けともいえるような事もやられていたようですね。

そして翌年の2004年には個人作品の「クロイノ」がタイム誌の「最もクールな発明」に選ばれ、ポピュラーサイエンス誌では「未来を買える33人」にも選ばれたそうです。

もちろん相応の努力の結果なのでしょうが、すごい快挙ですね。

クロイノの凄い点は歩き方にありました。

今までの2足歩行ロボットはバランスを取るためにずっとヒザを曲げたままといった、人間の歩き方とは異る不自然な歩き方をしていました。

これに対してクロイノはヒザを伸ばして曲げるといったより人間に近い歩き方をした点が画期的だったのです。

動画で見てみると良くわかりますよね。

その後も世界規模でロボット製作の技術を競い合う「ロボカップ」の大会で、2004〜2008年の間ずっと連続で優秀しています。

確かな技術力を持っている裏付けと言えますね。

これまでの代表的な作品

最初は個人での開発が主だった活動だったようですが、特に近年は企業と共同での開発が増えているようです。

今までどのようなものを作られてきたのか代表的なものをみてみましょう。

ROBI

ディアゴスティーニと共同で開発した、全70巻の部品付きマガジンです。

毎月ついてくるパーツを集めて組み立てることで最終的に踊ったり喋ったりできるロボット、ロビが完成します。

開発秘話も面白いですね。

EVOLTA

EVOLTAは乾電池がどれだけ長持ちするかを検証するために作られたロボットです。

そのために背中に乾電池をつけて、アメリカのグランドキャニオンの断崖絶壁530.4mに張られたロープを6時間46分かけて登頂したCMが有名です。

中々壮大な挑戦ですよね。

東京のドキュメント動画ではその場で手を削って登りやすさを統制している場面も紹介されています。

KIROBO

トヨタ、電通、東京大学と誰もが知っている企業、大学と一緒に行われたプロジェクトがこのKIROBOです。

人類初の中飛行士ロボットとして様々な耐久試験に耐え、2013年夏に国際宇宙ステーションへと打ち上げられました。

宇宙は当然様々な危険が伴う場所です。

研究のための主なメンバーがロボットになる日も近いかもしれませんね。

ROBOHON

シャープと共同で進めている最新のロボットです。

ROBOHONは会話が出来るスマートフォン。

正直iPhoneももう目新しさはなくなってきました。

今後はこのように徐々に身の回りで使うものにもロボットが使われるようになってくるのでしょう。

まさしくいつか見た未来といった感じですね。

その他の活動

この他にも高橋智隆さんは講演会やロボット教室の監修など様々な活動を行われ、ロボットの普及に尽力されています。

ヒューマンアカデミーロボット教室の監修

このサイトのメインテーマでも有るヒューマンアカデミーロボット教室の監修を行われています。

ヒューマンアカデミーが人気なのはやり高橋さんが監修されているという面も大きいでしょう。

また、ヒューマンアカデミーで行われている全国大会では審査員もされて、子どもの発想の豊かさにも刺激を受けるといったお話をされていますね。