OtOMO

OtOMOは毎月子ども向けのプログラミングワークショップを行なっているボランティア団体です。

大人と子どもで一緒に学ぶがテーマで、Scratchをベースとして毎回異なるテーマに対して大人と一緒にプログラミングを楽しみます。

開催地は世田谷文化生活情報センター生活工房参加費は1,000円なので、近くに住んでいる方は一度体験しにいってみると良いでしょう。

プログラミング教室 OtOMOのレッスン内容

ワークショップでは毎回テーマが変わるので内容自体も色々です。

いくつか具体的な例をみてみましょう。

Scratchを使ってシューティングゲームを作ろう

子ども向けのプログラミング言語「Scratch」を使ってシューティングゲームを作るワークショップです。

プログラミングは初めて!という子どもでも参加することができ、シューティングゲームを作るのが難しそうな場合でも講師と相談して自分の興味がある範囲の簡単な内容で参加することができます。

OtOMOでのワークショップは基本的に寺子屋方式(知識や経験がばらばらの子どもが同じ場所で勉強する)なので、自分のレベルにあった内容の体験をすることが出来ます。

なんとなくフラクタル

フラクタル

Scratchのペン機能を使って、プログラミングでフラクタル(雪の結晶)を作るお絵かきをします。

コンピュータでは数値の計算や繰り返しが得意なのでフラクタルのような規則正しい図形を簡単に作ることができます。

プログラミングで絵も書けるなんて凄いですよね?

自分だけのイルミネーション作り

電子工作のプチ入門です。

フルカラーLED(色んな色にかわるLED:動画参照)を利用して自分だけのオリジナルイルミネーションを作成します。

プログラミングを使え単に色を変えるだけではなく時間に合わせて色をかえたり、電光掲示板の様に光らせるものと消すものを制御して文字を作ったりすることが出来ます。

みんなが見とれるような綺麗なイルミネーションを作ってみましょう。

プログラミング教室 OtOMOの料金

ワークショップ参加費:1,000円