raspbian

 

今回はOSのインストールの説明をしたいと思います。

OSというのはパソコンを使う上で土台になる部分で、例えばみなさんが良く知っているWindowsはOSの一種です。

ということでOSがなければ折角のラズベリーパイもただの役にたたない機械です。

ラズベリーパイではWindowsではなくラズビアン(Raspbian)と呼ばれる無償のOSを利用することが出来るので、今回はラズビアンのインストール手順を解説したいと思います。

※ ラズビアンをインストール済みのmicroSDも販売されていますが、勉強だと思ってトライしてみましょう。

ラズビアンのインストール完了までの流れ

まずは大まかな流れを箇条書きしておきます。

  • SDカードをフォーマットする
  • NOOBSをSDカードにコピーする
  • ラズベリーパイにSDカードを挿して起動させる
  • インストール

以上です。案外少ないですよね?

それでは順番に説明していきましょう。

SDカードをフォーマットする

フォーマットって何?

フォーマットというのはSDカードが使えるように前準備をする事です。

例えて言えば農作物を育て始めるまえに畑を耕す作業と言えばわかりやすいでしょうか。

畑はそのままだと雑草や、木の根っ子があってとても植物を育てられる状況ではありません。

そこで一度土を掘り返してならし、綺麗にする必要があります。

SDカードも同じようなもので使いはじめる前に一度余分なデータを消して綺麗にしてあげる必要があります。

これがフォーマットです。

データを消すので初期化するといった呼び方をする場合もありますね。

フォーマットの手順

SDフォーマッター」というツールを使います。

普段使っているパソコンにSDカードを挿して、下記のサイトからSDフォーマッターをダウンロードしてインストールしてください。

SDフォーマッターを起動したらオプション設定を選びます。

SDフォーマッター1

次の画面で消去設定で「イレースフォーマット」を選びOKを押します。

SDフォーマッター2

元の画面でフォーマットを選びます。後はフォーマットが終わるまで待つだけです。

SDフォーマッター3

NOOBSをSDカードにコピーする

NOOBSって何?

NOOBSはOSをインストールするためのツールです。

例えて言えばOSをインストールするための「」といったところでしょうか?

これをSDカードにコピーしてラズベリーパイを起動することでインストール作業が開始されます。

NOOBSのコピー手順

下記のサイトよりNOOBSをダウンロードします。

NOOBS1

ダンロードが完了したら解凍して中身を全てそのままSDカードにコピーしてください。

※ データが入っているフォルダ自体はコピーする必要はありません。

ラズベリーパイにSDカードを挿して起動させる

ラズベリーパイを起動するまでの手順

コピーが全て終わったらPCに挿しているSDカードを取り出しラズベリーパイに挿します。

microSD

事前に準備したディズプレイ、キーボード、マウスを挿して最後にUSBケーブルをラズベリーパイとパソコン、バッテリーなどの両方に指してください。

私の場合はMacBook Airに挿して使っています。

USB接続

こうすることでUSBから給電されラズベリーパイが起動します

給電されるとLEDが光だします。

LEDランプ

本格的に遊びだすとMacBook Airからの給電だけでは足りませんがとりあえずであればこれで十分です。

インストール

ラズベリーパイが起動するとインストール作業が始まります。

画面に合わせて進めていきましょう。

OS選択

立ち上げると幾つかのOSからインストールするものを選ぶ画面が表示されます。

実はラズベリーパイにはラズビアン以外にもいろいろなOSをインストールすることができるのです。

今回は最初から選択されているラズビアンのまま進めましょう。

またLanguageをJapaneseにすると作業が楽になります。

progress

インストールが始まると進捗がでます。

大体15分程度までば完了するでしょう。

これで作業は完了です。

 

raspbian

 

Enjoy Raspberry Pi !

近くにあるロボット教室を探す

北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄