もののしくみ研究所

子ども向けの本を多数出版している事で有名な「学研」と教育玩具、学校教材で有名な「Artec」が共同で始めたロボット教室がもののしくみ研究室です。

2016年4月にスタートしたばかりなので、教室数はまだ少ないですが、教育業界でも大手企業の1つである学研が始めたということで今後大手になる可能性の高いロボット教室でしょう。

関西のproglabやもののしくみ研究室の様に大手の企業がぞくぞくとロボット教室を運営し始めているのは、やはり人気が高まっていることの証拠と言えそうですね。

もののしくみ研究室のレッスン内容や特徴

もののしくみ研究室ではSTEM教育を標榜しています。

STEMとは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)の4分野の頭文字をとった造語で理系職に付くためにはまず必要となる学問のことです。

ロボットの制御や課題の解決の手段として様々な事を学ぶことで、これらの4領域を同時に学習することができます。

そのためSTEM領域の学習を意識し、速さと距離や角度についての計算をしたり、光の性質や生物の運動について深く考えるなど、教材を元に物理学や力学といった学問にも踏み込んだレッスンを行います。

使用する教材

教材にはArtec社が開発したオリジナルのロボットキットを使用します。

ブロックを組み立て独自のアプリケーションでプログラミングを行うことで、ロボットに様々な動きをさせることができます。

一般販売もされている教材なので、かなりしっかり作りこまれた教材であると言えるでしょう。

もののしくみ研究所ではその名前の通り、自動ドア、信号機、踏切など身の回りにある機械を対象に研究を行い、教材を使って実際に組み立てる事で「ものに対する理解を深めながら」創造力を養っていきます。

カリキュラム

もののしくみ研究所のカリキュラムは3年間全33回。

レベル別にDeveloper, Master, Innovatorの3コースに分かれています。

Developer

developer

ものを動かすための構造やプログラミングの基本を学ぶ最も基本的なコースです。

カリキュラムにそって決まった物を作るだけではなく、アイディア出しをしてロボットを製作し、仲間たちと競技大会も行います。

Master

Master

 

ロボットはまわりの光や音、色などといった周りの情報を取り入れて数値化するセンサーを使ってまわりの状況を把握します。

プログラミングだけではなく、センサーを利用することでライン上を線にそって走る車(ライントレースカー)や、他の車を自動で追尾する車、両方の重さをチェックして水平を保つ天秤などの製作を行います。

単に決められたとおりに動くだけでなく、センサーを使って状況に応じた適切な動きが出来る「自立型ロボット」の製作の仕方を学びます。

Innovator

Innovator

多くのセンサーやモーターを制御する複雑なプログラミングを行います。

分岐命令を駆使し、自分で考えて行動する「自立型ロボット」の製作に挑戦します。

後半には2足歩行のロボットの製作も行うなど、かなり本格的なロボット製作を行うコースになります。