さて、初期設定が終わりました。

ここからは何をするのも自由ですが、なにせラズベリーパイでは色々な事が出来過ぎます。

しかし、このサイトはロボット教室をテーマにしたサイトなのでまずは電子工作の入門のとも言えるLEDを光らせる「レッチカ(LEDチカチカ)」をやってみましょう。

ラズベリーパイにはGPIOというものが付いていてコレを利用するとLEDを光らせる事ができます。

GPIO

これがGPIOです。

実際にGPIOを使ってLEDを光らせるとこんな感じになります。

LEDチカチカ

では早速やってみましょう!と行きたい所ですが、当然LEDを始め色々な部品を揃えないと何も出来ません。

とういことで今回は前段階としてLEDを光らせるために必要なものを揃えていきましょう。

LEDを光らせるために必要なもの

まずはLEDを光らせるために必要なものをザッとみてみましょう。

  • 赤色LED(別の色でも当然可)
  • 抵抗(330Ω もしくは近い値のもの)
  • ブレッドボード
  • ジャンパワイヤ(オス、メス)

赤色LED

赤色LED

まずは当然LEDが必要です。

今回はスタンダードな赤色を用意しました。

別の色でもモチロンOKです。

後ほど説明する予定ですが、脚の長い方をアノード、短い方をカソードと呼びます。

抵抗(330Ω)

抵抗

LEDにそのまま電流を流すとショート(非常に大きな電流が流れて壊れてしまう)してしまうため抵抗を挟んでこれを防ぎます。

用意するのは330Ωでよいでしょう。

ブレッドボード

電子工作といえばハンダごてのイメージがあると思いますが、初心者にはちょっと敷居が高い上に失敗する可能性も高いです。

そこでそんな手間を省いてくれるのが「ブレッドボード」です。

ブレッドボード

ブレッドボードの穴にLEDや抵抗などを指すだけで簡単にハンダ付けしたかの様に電流を流すことができます。

製品の様なちゃんとしたものを作るわけではなく、色々と試すだけならとても便利なアイテムです。

ジャンパワイヤ(オス、メス)

ジャンパワイヤ

GPIOとブレッドボードを接続するために必要なのがジャンパワイヤ(オス、メス)です。

GPIO側にはくぼんでいるメスを、ブレッドボードには先の尖っているオス側を指します。

これによりブレッドボードとラズベリーパイが接続され回路ができあがります。

どこで買えば良いのか?

必要な部品がわかったところでどうやって手にいれるか?なのですがこれくらいの部品ならAmazonを使うのが一番手軽でしょう。

参考までにAmazonでオススメのものを貼っておきます。

ブレッドボード

LED + 抵抗のセット

ジャンパワイヤ(オス、メス)

ただ折角なので他の部品も見てみたい人は秋月電子通商の通販を見てみるのもオススメです。

良い機会なので近い人は秋葉原まで足を運んでみても良いかもしれません。

近くにあるロボット教室を探す

北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄